やっぱり夏になると気になるムダ毛

冬の間はどうしてもサボりがちになるムダ毛の自己処理も、夏になるとそういう訳にはいきません。

今でこそ、脱毛サロンに通ってある程度、キレイになったというか薄くなったので、よほどの事がないと自己処理はしなくなりましたが、それでもまだムダ毛は残っています。

昔、まだ脱毛に通う前は、ワキ、腕、足とどうしても見える場所というか、処理して当たり前の場所はカミソリで自己処理しますが、それでも毎日するとカミソリ負けしたりするので、足やワキは1日置きに処理していました。

でも、ある日、髪の毛をアップにして、その後ろ姿を鏡で見ようと見返り美人風に鏡の前で振り返ってみた自分のうなじのムダ毛の多さというか濃さにビックリして、思わずアップにした髪をすぐに下ろした事がありました。

それ以来、髪の毛をアップにするのが怖くなりました。あんな毛深いうなじを人前に出すのも恥ずかしいし、自己処理も簡単に出来る場所ではないし悩ンだ末、エピレ 口コミの見て脱毛サロンに通うことにしました。

面倒な作業

最近プール週二日ほどかよっているのですが、ついつい忘れてしまうのが無駄毛の処理。
無駄毛の処理には、私はカミソリを使っているのですが、推奨される頻度は3日に1回。これ以上に頻繁にやると肌をいっそう傷つけてしまうとのこと。となると問題なのは、3日なんて忘れてしまあということです。
毎日の作業ならまだしも、3日も間があくとついつい忘れてしまう。
腕だけならまだいいのですが、水着になるので脇の処理を忘れてしまうとまぁみっともないことになります。

そんなことが何度かあったので、無駄毛の処理は、できるかぎり毎日行うようになってしまったのですが、そうすると肌トラブルが頻繁におきてしまって困りものです。

顔の無駄毛、というか産毛の処理については、私はもっぱら顔反りを利用しています。これほ理髪店にいかなければ体験できないのですが、場所によつまては美容室でも利用できることがかのうです。
顔反りをすると、とにかく肌が綺麗になります。今はエステなどでも受けられるそうですが、まだ体験したことない人は是非おすすめします。化粧のりが断然違います。
勿論、自宅でもできはするのですが、顔反りを特有のあの決め細かな泡で剃るというのは中々再現が難しいでしょう。
費用もそれほどかからないので、もしフェイスケアをお考えのかたにはまずは顔反りをおすすめします。

わき毛の処理で大奮闘

子供の頃、母親が毛抜きで、わき毛の処理をしているのを、何度もみていました。私は子供心にも痛そうに思えてしまい「大人はなんでこんな事をするのだろう」と不思議に思っていました。中学生になると自分にもそろそろわき毛が生え始めたので、母親がやっていたのを思い出し、見様見真似でチャレンジしてみたのですが、どうしてもこわくて(笑)できませんでした。母親が言うには痛いけどなれたら気にならないとの事でした。

あれから大人になるにつれ、何度もチャレンジしてみたのですがやはり、どうしてもできませんでした。カミソリも脱毛クリームも使わないのですから、もしかしたら一番お金のかからない方法なのだと思います。多分母親は、家計を浮かすためにそうやって一生懸命自分で抜いていたのかもしれません。

私はそんな母親をえらいなと思いながらも、自分はカミソリや脱毛クリームをつかって処理をしています。やり方は違っていても、ちゃんとおていれをしていた母親に、今更ながら感心しています。とりあえず私も見習って忘れないようにお手入れをしなくちゃと思います。

少しの紫外線でもシミになる

ある日突然できるシミ。「紫外線対策はしっかりとしていたつもりなのに、なぜ?」と、思われる人も多いでしょう。シミは、ここ最近に浴びた紫外線のせいでできているものでは、ありません。生まれてからずっと浴びてきた紫外線の積み重ねが、シミとなって突然現れるのです。

肌の奥には、紫外線貯金箱があって、そこに、毎日のわずかな紫外線でもすべて貯金されていきます。いつか貯金箱がいっぱいになったとき、あふれ出すようにシミができてきます。「ちょっとの外出だから、素肌のまま出かけちゃおう」「洗濯物を干すときぐらいなら、いちいち日焼け止めまで塗らなくても・・・」などという油断が、少しずつ紫外線貯金を増やしていきます。また、貯金箱の大きさにも人によって大小があり、生まれつき小さい人、つまり紫外線に弱い人は、すぐにあふれてしまいます。

若いころ、アウトドアのスポーツをして真っ黒に焼いていた人は、もうすでに貯金のスピードが人より速く進んでいるかもしれません。一生に浴びる紫外線の約6割は、10代のうちに浴びてしまっている人が多いといわれますから、そのころに焼いていたかどうかが、シミのでき始める年齢に大きく影響するのです。

「今年は海で焼いてしまおうかな」などという冒険は、貯金を大きく進めることになってしまいます。絶えざる日々の紫外線対策以外に、美肌を守る道はないのです。

エステは高額

脱毛専門のエステが日本でここ数年爆発的に増えていっています。その理由は、格安価格で脱毛できるようになったからです。これまで自宅で処理していた女性が一気にエステに通っている状態になっています。そのため、エステは高級なものというイメージから庶民でも気軽に行ける場所へと変わってきているのかもしれません。

しかし、注意も必要です。すべてのエステが格安というわけではありません。あくまで脱毛が安いというだけで、痩身やフェイシャルなどは、以前に比べ安くなったということはありません。ただし、エステ側も色々とお値打ち価格のキャンペーンを行っています。

フェイシャルが安かったからカウンセリングを受けたけど、結局高額な痩身まで申込みさせられてしまったという人もいます。そうです、フェイシャルだけで終わらせるはずがありません。絶対にエステでは、他のコースも進めてくるんです。その甘い誘惑にのっては、いけません!

エステにいけば勧誘には注意が必要です。とくに地方に1店舗だけで営業しているサロンなどは、注意が必要です。

現実は、エステは高いままなんです!

検索
お気に入り